顎の巨人 Jaw Titan

顎の巨人(あぎとのきょじん、Jaw Titan, Agito No Kyojin)は、進撃の巨人に登場する9つの知性巨人のうちの1体。

硬質化された結晶も砕く強力な顎と爪を持ち、小型で素早い強襲型。

初登場は10巻40話「ユミル」。ライナーたちがパラディ島へ上陸する際、マーレの戦士の1人マルセル・ガリアードが顎の巨人を保有していましたが、壁外を無垢の巨人として彷徨っていた104期のユミルがマルセルを捕食して継承。

後にユミルはヒストリアを助けるためにライナーらと共にマーレへ行き顎の巨人を返還、マルセルの弟ポルコに引き継がれます。さらに30巻「兄と弟」ではシガンシナ区の戦いでジークの叫びにより無垢の巨人となったファルコがポルコを捕食して巨人の力を継承。

短い期間に継承者の移り変わりが頻繁に起きている巨人です。

エレンがヴィリー・タイバーの妹を捕食して戦鎚の巨人の力を手に入れる際、結晶を砕くためにくるみ割り人形のように使われました。

「あぎと」はあごの別称。

基本情報

名前
顎の巨人
あぎとのきょじん
Jaw Titan
Agito No Kyojin
歴代継承者
  • マルセル(843年)
  • 104期ユミル(845年)
  • ポルコ(850年)
  • ファルコ(854年)
体高5m
能力
  • 結晶化した物体も砕く強力な顎と爪
  • 素早い動き

顎の巨人の継承者であるマルセル、ユミル、ポルコの3人は結果的にみんなライナーを守るために命を落としたという共通点を持っています。ファルコは果たしてどうなるでしょうか。

メニュー