「帰ったら…ずっと秘密にしていた地下室を…見せてやろう」

伏線
進撃の巨人1巻1話二千年後の君へ「地下室を見せてやろう」

©諫山創 講談社 進撃の巨人 1巻1話「ニ千年後の君へ」

グリシャの顔上半分が隠れている

「地下室を見せてやろう」と言っているエレンの父グリシャのコマ。

顔の上半分がコマに収まっておらず、目が隠れて表情が読めません。

回収
進撃の巨人30巻121話未来の記憶「地下室を見せてやろう」

©諫山創 講談社 進撃の巨人 30巻121話「未来の記憶」

未来のエレンを見ていた

実は視線の先に19歳の青年エレンがいました。というオチ。

グリシャが身に宿す進撃の巨人の特性

進撃の巨人30巻121話未来の記憶「進撃の巨人の特性」

©諫山創 講談社 進撃の巨人 30巻121話「未来の記憶」

120話でエレンとジークが座標(道)へ到達、ジークがエレンを父の洗脳から解放するために、2人はグリシャの記憶を巡ることになりました。121話はその続きになっています。

そしてグリシャは進撃の巨人を継承しているので、未来の継承者(エレン)の記憶を覗き見ることができました。

グリシャは間接的にエレンの姿が見えている(「自分を見ているエレン視点の記憶」の映像が見えている?)ため、このときは19歳の青年エレンのほうを見て喋っていたということです。微妙に焦点が合っていません。

なぜ進撃の巨人が未来視のようなことが可能なのか、というところまでは作中で明らかにされていません。

帰ったら&見せてやろう

「帰ったら」「見せてやろう」というフレーズも地味に伏線めいています。

家に帰ってきたのはグリシャではなく、エレン自身でした(21巻85話「地下室」)。

手記という実物もありましたが、エレンは地下室到達をきっかけに徐々に「グリシャの記憶」が開き、記憶を通じて様々な秘密を知ることになりました。

鍵の存在意義

進撃の巨人3巻10話左腕の行方「鍵を見る度に思い出せ」

©諫山創 講談社 進撃の巨人 3巻10話「左腕の行方」

エレン達は地下室の扉の鍵は持っていませんでしたがリヴァイが扉そのものを破壊して部屋に入りました。

同じように机の引き出しなんて鍵が掛かっていたとしても無理やり壊してしまえば開けることは可能です。

ではなぜグリシャはエレンに鍵を託したのかというと「地下室の存在を思い出すため」です。

なぜずっと秘密にしていたのか?

中央の人間にバレると殺される&13年の任期ギリギリまで幸せな人生を送りたかったから、だと思われます。

壁内の統治方法を見ると、レイス家は壁外に興味を持ったり技術革新を進めようとする者を中央憲兵を使っては徹底的に粛清しています。

下手に地下室のこと、つまり外の世界のことやエルディア復権派の任務(始祖の巨人奪還)のことを口外するのは危険です。

もし自分が何も成し遂げずに死んでしまったら、いずれ始まるマーレ勢の侵略から家族を守れません。

グリシャはエレンに巨人の力を継承する決心がつかないうちは秘密を打ち明けるわけにはいかなかったのだと思います。

「地下室を見せてやろう」は複数回登場している

進撃の巨人3巻10話左腕の行方「地下室を見せてやろう」

©諫山創 講談社 進撃の巨人 3巻10話「左腕の行方」

進撃の巨人21巻85話地下室「地下室を見せてやろう」

©諫山創 講談社 進撃の巨人 21巻85話「地下室」

3巻10話、21巻85話にも「地下室を見せてやろう」の回想が登場しますが、いずれもグリシャはエレンのほうを向いていません。

まとめ

何が伏線で何を回収とするのかは難しい場面です。

  • 鍵の存在
  • 地下室の秘密とは何か
  • 未来の記憶という設定を示唆
  • 始祖の巨人の継承者(ジークとエレン)が過去の継承者(グリシャ)の任意の記憶を覗き見る事ができることを示唆
  • 進撃の巨人の継承者(グリシャ)は、未来の継承者(エレン)の記憶を覗き見ることができることを示唆

関連

未来の記憶を見る仕組み

記憶を見せるのは進撃か始祖か

メニュー