「進撃の巨人」の世界観、謎について妄想や考察

進撃の巨人の設定や伏線等に関する管理人の考察です。

確定していないけれど気になることに関して勝手にあれこれ妄想しています。考えをまとめる前のメモのようなものです。

世界観・設定

「845」のコマの前後の謎。壁のない世界

「いってらっしゃい」1話と138話の繋がりを考察

なぜ「未来は変えられない」のか

道と座標

2000年問題を考察

表紙の内容が本編と微妙に違う

ユミルの民

ユミルの民がユミルの民たる条件とは

ユミルの民と王家の血筋の違いとは

ユミルの民とエルディア人の違いとは

始祖ユミルが座標(道)で少女の姿のままでいる理由

記憶

未来の記憶を見る仕組み

記憶を見せるのは進撃なのか始祖なのか

鳥と記憶の関係について考察

壁内編 (~22巻)

「その日人類は思い出した ヤツらに支配されていた恐怖を… 鳥籠の中に囚われていた屈辱を……」の意味

「誰か僕らを見つけてくれ」の意味

マーレ編以降(23巻~)

ダイナ巨人がベルトルトをスルーしてカルラの元へ直行した理由

なぜヴィリー・タイバーは事実を公表したのか

なぜカール・フリッツは三重の壁を作らなければならなかったのか

巨人大戦の謎

なぜリヴァイはジークに雷槍を刺して運んだの?

エレンとヒストリアの会話について考察

なぜ始祖ユミルを解放するのはミカサでなければならなかったのか?

「始祖の力がもたらす影響には過去も未来も無い…同時に存在する」とは?

メニュー