第120話「刹那」

概要

エレンはガビに首をふっ飛ばされつつも、ギリギリでジークとの接触を果たしついに「すべての道が交わる座標」に到達。

ジークと対面したエレンは「安楽死計画など受け入れられない」と自分の本当の気持ちを明かし、始祖ユミルに力を貸してくれるように求めるが無視される。始祖の力を手にし、コントロールできるのは実はジークの方であった。

しかしジークは「安楽死計画」を実行に移さず、エレンの洗脳を解くため「グリシャの記憶」へ連れ込むことに。

ジークがエレンに見せたいものは「グリシャはエルディア復権のために家族を捨て、息子を洗脳することも躊躇わない父親だった」という記憶のはずが、どうやら様子がおかしい。

しかも、実は自分のことを大切に思っていたことがわかりグラついてしまう。挙げ句、エレンに早く次に行くぞと催促される始末。

関連

グリシャが見ていた「未来の記憶」 in 記憶ツアー

未来の記憶を見る仕組み

なぜ「未来は変えられない」のか

この回で張られていた伏線

シガンシナ区上空を鳥の群れが飛んでいる

記憶の断片が示すもの

見開きページの無数の「記憶の断片」は、エレン、グリシャ、クルーガー、フリーダの記憶映像と思われる

ラムジー【記憶の断片】

記憶の断片ページ。ミカサの右隣の帽子を被った少年

大人ヒストリア【記憶の断片】

記憶の断片ページ。左上に大人のヒストリア。

エレンの切ない表情

37ページ(記憶ツアー4ページ目)左下のエレン。切ない表情で家族3人の幸せそうな様子を見ている

全話 伏線一覧へ↩

この回で回収された伏線

叫びの力の秘密

伏線

「叫びの力」を発動するには?ハンジ「あの時は叫んだ以外に何かやらなかった?」

17巻67話「オルブド区外壁」

回収

パンチしていることが鍵であるかのような描写。しかし実際にはカルラを食べた巨人(王家の血を引く巨人)に触れていることが重要。

写真

伏線

なぜクルーガーはグリシャに写真を渡したのか?

22巻88話「進撃の巨人」

回収

おそらくエレンの鍵と同じ役割。復権派の任務やこのときの気持ちを思い出せるようにするため、と考えられる。

後で誰かが見てる?

伏線

クルーガーのセリフ「後で誰かが見てるかもしれん」

22巻89話「会議」

回収

エレンがグリシャの記憶を見ること? or ジークとエレンによる記憶ツアーを示唆?

この世に生まれてきてしまったからです

伏線

ヴィリー「私がこの世に生まれてきてしまったからです」に被るエレン

25巻100話「宣戦布告」

回収

エレンの「オレがこの世に生まれたからだ」との対になる。さらにジークとは考えが違うことを示唆。

ジークがエレンに投げたボール

伏線

接触するのはまずいので友好の証にジークがエレンにボールを投げる

29巻115話「支え」

回収

エレンがボールを取るか取らないかが描かれていない事自体が2人の考えが違うことを示唆。結果的にエレンはボールを取らなかった(取れなかった)。つまり2人の考えは違っていたということ。

謎の少女

伏線

ジークが意識を失いそうになりながら見た少女。ジークの体を再生させた

29巻115話「支え」

回収

座標にいる始祖ユミル。

待て

伏線

エレンがジークの叫びを止めようとしている。セリフの主がはっきりしないが、手を伸ばしているのでおそらくエレン。ライナーも意外そうにエレンを見ているので間違いなさそう。

30巻119話「兄と弟」

回収

エレンとジークは意見が違うことを示唆している。

全話 伏線一覧へ↩

始祖ユミル?【記憶の断片】

記憶の断片ページ。最左下に始祖ユミルらしき人物。

考察

フリーダ(王家の血を引く始祖の巨人継承者)の記憶? or エレンが直後に見ることになる始祖ユミル(未来の記憶)?

小ネタ・擬音

スクールカースト【記憶の断片】

小ネタ

左最上部。スクールカーストのミカサとアルミン。

内容

単行本巻末のおまけマンガ「進撃のスクールカースト」に登場するミカサとアルミン。スクールカーストは本編の100年後の世界であると解釈できないこともない(34巻参照)が、定かではない。読者には本誌しか買わず単行本を読まない人もいるのでこれをどう扱うかは難しい問題。2019年7月20日進撃の巨人展の宣伝番組「芸能界 進撃の巨人愛No.1決定戦(TOKYO MX)」にてお笑いコンビ麒麟の川島明氏が作者にスクールカースト好きを伝えた際、作者が本編に入れる旨の発言をした。その答えがこれだと巷では言われている。

所感・考察

次回121話と繋がる難解なエピソード「記憶ツアー」が始まる回。

時が止まったような描写から記憶の断片が現れる流れがとても美しいです。

始祖の主導権を争うエレンとジークですが、父からの愛を巡り嫉妬渦巻く兄弟喧嘩と解釈することもできます。

ジークがクサヴァーさんとの夢だったはずの安楽死計画をすぐに実行せず、エレンの洗脳を解くことに拘るのはなぜなのか、というのが注目ポインではないでしょうか。

父からの愛に飢えていたのはジークだけではなく、実はエレンもだったのではと思わせる描写が散見されます。

単行本、別冊マガジン掲載時の情報

タイトル

第120話「刹那」

A Fleeting Moment
公開
別冊少年マガジン:2019年9月号
発売日:2019年8月9日()
コミックス
発売日:2019年12月9日()

サブタイトル「刹那」の意味

エレンとジークが触れ合う刹那。

関連

グリシャが見ていた「未来の記憶」 in 記憶ツアー

未来の記憶を見る仕組み

なぜ「未来は変えられない」のか

メニュー
📑目次
📑目次