第107話「来客」

概要

エレンは地下牢獄へ収監され、ジークはリヴァイの監視の下、巨大樹の森へ移送される。

ハンジはエレンの元を訪れ、意志の確認。なぜ単独行動でマーレに潜入してレベリオ襲撃したの?君ならヒストリアを犠牲にすることはないと思っていたのに。

そんな疑問の根拠となった2年前の出来事へ回想…ヒィズル国アズマビト家キヨミのパラディ島初来訪。来訪のきっかけはジークがキヨミに交渉を持ち掛けたこと。

内容は、パラディ島に残された将軍家の末裔の情報&地下資源の情報を提供する代わりに、ヒィズル国の援助でパラディ島の近代化をバックアップし、ジークの「秘策」を進めるための提案を伝えること。

これによってミカサは一国の主の末裔であることが判明。そしてキヨミの本題はパラディ島の地下資源「氷爆石」の利権獲得、そしてジークの「秘策」の件。

  • 「地鳴らし」の破壊力を世界に公開し抑止力とする
  • ヒィズルの援助でパラディ島の軍事力強化、近代化(最低50年はかかる)
  • 「始祖の巨人」「王家の血を引く巨人」の保持・運用(最低50年は続く)

問題は3つ目。これでヒストリアが犠牲になってしまう上に、子供たちまで数十年間巻き込まれる。

ヒストリア自身は受け入れる態度を見せたが、不自由を嫌い自由を求める男・エレンが横から猛然と反発。時間が許す限り別な道を探るべきと主張。ヒストリアは涙を溜めて感動。

――そして2年後、別のやり方は見つかっておらず、兵団も動きを見せず、しびれを切らしたエレンは単独マーレ潜入に踏み切ることになった…。

という経緯もあり、この期に及んでグダグダ言ってくるハンジに対してエレンは「お前に何が出来んだよ。言ってみろよ」と怒りの半巨人化。話し合いは決裂。エレンは自分が「始祖の巨人」保有者であるから兵団は手を出してこない&戦鎚の能力でいつでも脱獄できるので超強気。ハンジも為す術もなし…

一方で、兵団に動きが見られる。ジークがパラディ島に来たことで、下手に接触させるのは危険と思われるイェレナら義勇兵を拘束。ついでに大量の巨人化薬を押収。

兵団が巨人化薬を持つということは、ジークやエレンを兵団がコントロールできる誰かに食わせる選択肢が生まれたということ。むしろ初めからそうしたかったと思われる。エレンやジークは何を考えているかわからないので不安。

サシャのお墓参り。マーレの料理人ニコロとサシャの両親とかつてサシャが助けた女の子(と思われる)がご対面。後日ニコロの店で食事をすることが決定(無料で)。

牢屋に入れられていたガビとファルコは芝居を打って脱獄。もう誰も信じられなくなったガビ、ついて行くしかないファルコ。悪魔の住む島で2人はどこへ行き、何を見るのか。海を隔てたマーレではライナーが2人の危機を察知して起床。

そして、ヒストリア、妊娠発覚…。その真意は?父親は一体誰だ?!

この回で張られていた伏線

すぐにまた食卓を囲む日が来る

イェレナのセリフ「すぐにまた我々と食卓を囲む日が来ますから」

回収29巻115話「支え」

ヒストリアの妊娠

なぜヒストリアは妊娠した?

回収32巻130話「人類の夜明け」

ヒストリアの子の父

ヒストリアの子の父は誰?

回収34巻最終話「あの丘の木に向かって」

全話 伏線一覧へ↩

この回で回収された伏線

東洋の一族の家紋

伏線

母から受け継いだ刺青

2巻5話「絶望の中で鈍く光る」

回収

ミカサの母方の家系はヒィズル国の将軍家の末裔だった

東洋の一族

伏線?

東洋の一族は壁の中に逃げてきた?

2巻6話「少女が見た世界」

回収

キヨミの話では巨人大戦以前からフリッツ家と将軍家は交流があった模様。壁が出来る前からパラディ島いた可能性が高い。

娘は希望

伏線

ピクシスの演説で戦う覚悟を決めた男性兵士が思い浮かべる娘。

3巻12話「偶像」

回収

兵士が思い浮かべていたのはミカサが巨人を倒して助けた少女ルイーゼだった。

奪われた立体機動装置のゆくえ

伏線

獣の巨人がミケから奪った立体機動装置はどこへ?

9巻35話「獣の巨人(光り輝く少年の瞳)」

回収

キヨミ様の手に渡り、結果パラディ島の利益に繋がった。

東のマーレ敵対国

伏線

フクロウが支援と亡命を呼びかけていた「東のマーレ敵大国」

22巻87話「境界線」

回収

多分、ヒィズル国。エルディア帝国の元同盟国であり、後にジークとキヨミが繋がる。

ヒストリアの犠牲

伏線

エレンはヒストリアを犠牲にする覚悟がない

22巻90話「壁の向こう側へ」

回収

エレンはヒストリアが獣の巨人を継承することが前提となる50年計画に強く反対している

ヒィズル国の女性とウド

伏線

ワインをこぼしたウドを庇った

24巻98話「よかったな」

回収

女性の名前はキヨミ・アズマビト。ウドを助けた理由は彼女がそもそもエルディア人に対して差別意識を持っていないというのもあるが、伏線としては、かつてヒィズル国がエルディア帝国の同盟国であったこと、この時点で既にキヨミはパラディ島勢と協力関係にあることを示唆していたと解釈することが可能。

あなた方は勇敢です

伏線

あなた方は勇敢です。我々の一族はよく知っていますもの

25巻99話「疾しき影」

回収

キヨミがタイバー家の過去を知っているということを示唆?演説で語られたこと以外にも秘密がある?

逆方向に歩くキヨミ

伏線

さて行きましょうかと言い、会場から去るキヨミたち。

25巻99話「疾しき影」

回収

ヴィリーとは敵対する立場であることを示唆。ヒィズル国がかつてエルディア帝国と同盟国であり、将軍家が旧王家のフリッツ家と懇意にしておりパラディ島に逗留していた。

時間

伏線

アルミンやミカサは時間をかければ良いと思っている。エレンは時間を稼がなければいけないと思っている。

26巻106話「義勇兵」

回収

実際は時間が全然ない。時間をお金に置き換えて考えれば、アルミンはお金を持っていないのにお金をかければ問題が解決すると思っている人。エレンは今はお金がないから問題解決のためにお金を稼ごうと思っている人。エレンと調査兵団のすれ違いの原因の1つ

全話 伏線一覧へ↩

ミカサがフリッツ王家の血を引く可能性

ヒィズル国の将軍家はフリッツ王家と懇意にしておりパラディ島に逗留。その後取り残された。

考察

普通にあり得る。しかし、エレンとミカサは割と頻繁に接触しているはずなのに記憶の蓋が開かなかったのはなぜかを説明するのが難しい。エレンが記憶を見ている時にミカサと触れているシーンはあるが毎回ではない。

ライナーの夢?

ライナーがガビとファルコの声を聞いたのは夢?記憶?

考察

ユミルの民同士の記憶の繋がりは知性巨人でなくとも起きるらしい。であれば何が原因でそのようなことが起きるのか?ライナーの最後の記憶は「ライナアアアアアアア」なのでそっちを思い出しているだけ、という可能性が高い。

過去回と重ねられている描写

ハンジとエレン

ハンジとエレンの地下牢でのやり取り

内容

“進撃の巨人”の再現

22巻89話「会議」

小ネタ・擬音

ペリエ

擬音

ペリエ → Perrier スパークリング・ミネラルウォーターのブランド。またはフランスの人名(日本に馴染みのある有名人だと競馬騎手オリビエ・ペリエなどがいる)。

内容

ミカサが右手首に巻いている包帯を解くときの音。

ゴンゾオ

擬音

ゴンゾオ → GONZO(ゴンゾ)アニメ制作会社

内容

キヨミとの密会中、ジークがバッグから立体機動装置を取り出すときの音

スソ

擬音

スソ → 裾

内容

サシャの墓前でコニーがニコロの肩に手を置く音。スッじゃない…。

ゴチンコ

擬音

ゴチンコ → 魔法陣グルグルの登場人物

内容

ガビが看守を滅多打ちにするときの音。

単行本、別冊マガジン掲載時の情報

タイトル

第107話「来客」

Visitor
公開
別冊少年マガジン:2018年8月号
発売日:2018年7月9日()
コミックス
発売日:2018年12月7日()

サブタイトル「来客」の意味

ヒィズル国のキヨミ・アズマビトがパラディ島に上陸。

メニュー
📑目次
📑目次