第103話「強襲」

概要

舞台裏アパートの地下でエレンの巨人化に巻き込まれ行方不明だったファルコが目を覚ました。

彼の目の前では個性豊かな風貌の化け物たちが大暴れする地獄絵図。銃弾が飛び交い、島の悪魔が飛び回り、レベリオ収容区の劇場は瓦礫の山となっていた。

ファルコが無事でいられたのは、ライナーが硬質化した大きな手を作って守ってくれたからだった。ライナー本人は意識がなく固まったまま動けない状態。ファルコはライナーに戦う意志がないことを察し、助けを求めマガト隊長の元へ走る。

エレンは捕まえた「鎚の本体」を食おうとするが、硬い水晶体で守られており逆に口を激しく損傷してしまう。戦鎚が力を使い果たしていると見て、エレンは捕食を一旦保留することにし、ジークたちとの戦いに備えて再度巨人化して態勢を立て直す。

顎の巨人ポルコはまだ力を残しているエレンを見て焦りの色を隠せないが、車力の巨人ピークに諭される。彼女の読みでは、調査兵団が立体機動で乗り込んできたということは武器も燃料も乏しく補給線もない。その上レベリオ収容区はマーレ軍に包囲されているため退路は断たれている。つまり、じっくり慎重に駒を進めることが、今のマーレにとって最良の策なのである。

ジークはピークに賛同しつつ、得意の投石で調査兵団を威嚇。残された時間が少ない相手を挑発して余裕の振る舞いを見せ、エレンは自分の敵ではないとし、リヴァイを誘い待ち構えている。

しかし、調査兵団にはまだ手があった。「超大型巨人・アルミン」である。レベリオ収容区とは離れた軍港に単独で乗り込んでいたアルミンが巨人化。激しい爆風と輝く閃光、空高く舞い上がる無数の軍艦……一瞬で海軍を無力化してしまった。

「言わんこっちゃない」とばかりにエレンに向かって行くポルコ。始祖が欲しくてたまらない。

マーレの陣形が崩れたのを見て調査兵団も最後の総攻撃に向けて仕掛ける。

…その瞬間、潜んでいたリヴァイが獣の巨人のうなじを切り裂いた。戦士長がやられたことでマーレに動揺が走り、隙が生まれる。

サシャが車力の巨人の砲手・パンツァー隊の1人を狙撃、冷静さを失ったピーク車力は不用意に動いてしまい、待ち構えていたジャンの雷槍の餌食に。さらに周辺にいた調査兵が畳み掛けて車力をパンツァー隊諸共滅多打ちにした。

ジャンはとどめを刺そうと飛びかかるが、武器も何も持たいない生身のファルコが車力を庇って立ち塞がる。

この回で張られていた伏線

手加減するジーク

得意の投擲、のはずが調査兵団が横に避けやすいように縦方向に広がるような軌道で投げている。

回収26巻105話「凶弾」

ジャンの反応

ジークの行動に対する驚き方

回収26巻105話「凶弾」

さすがピークちゃん

ジークのセリフ

回収26巻105話「凶弾」

俺の敵じゃない

エレン・イェーガーは俺の敵じゃない

回収26巻105話「凶弾」

切り刻まない兵長

ジークを切ったときのリヴァイの行動が不可解

回収26巻105話「凶弾」

全話 伏線一覧へ↩

この回で回収された伏線

なぜファルコを同席させた

伏線

なぜエレンはファルコを同席させたの?

25巻99話「疾しき影」

回収

話を聞かせるため、エレンが巨人化した後は会場にいるよりもライナーに守らせたほうが安全だから、など。

全話 伏線一覧へ↩

過去回と重ねられている描写

もう…やめてくれ…

マーレの巨人が次々と倒されていく光景を目にしたファルコの言葉

内容

トロスト区襲撃でのアルミンと重なっている

2巻5話「絶望の中で鈍く光る」

小ネタ・擬音

ビックリ

擬音

ビックリ → びっくり

内容

マガトに急に話しかけられてびっくりするファルコの音

単行本、別冊マガジン掲載時の情報

タイトル

第103話「強襲」

Assault
公開
別冊少年マガジン:2018年4月号
発売日:2018年3月9日()
コミックス
発売日:2018年8月9日()

サブタイトル「強襲」の意味

猛烈な勢いで襲い掛かりマーレ軍を圧倒する調査兵団。

メニュー
📑目次
📑目次