第72話「奪還作戦の夜」

概要

いよいよウォール・マリア奪還作戦の準備が整い、決行は2日後に迫った。

リヴァイは片腕のエルヴィンを戦地に向かわせたくない。しかしエルヴィンは幼い頃からの夢への執念を見せ、リヴァイは渋々受け入れる。

前祝いの食事会ではエレンとジャンが恒例の殴り合いで盛り上がるが、エルヴィンとの一件でイラつくリヴァイが2人に八つ当たりをする。

エレンはレイス家礼拝堂地下でグリシャの記憶を見て以来思い悩むことが多かったが、シャーディスとの面談等を経て徐々に元気を取り戻してきた模様。

ウォール・マリアの穴を塞ぎかつての暮らしを取り戻すことにばかり着目するエレンやミカサに対し、アルミンはその先にある壁の外の世界、海の話をして目を輝かせる。

この回で張られていた伏線

密かに3人の話を聞いていたリヴァイ

密かに3人の話を聞いていたリヴァイ

回収34巻136話「心臓を捧げよ」

海の話を忘れているエレン

壁の外に対する意識の違い?

回収22巻90話「壁の向こう側へ」

全話 伏線一覧へ↩

この回で回収された伏線

人が人と違うのは…

伏線

アルミンは「人類はいずれ外の世界に行くべきだ」という意見を持っているが、街の子供達に異端者と呼ばれ、いじめられている。

1巻1話「二千年後の君へ」

回収

奪還作戦の夜、エレンは「人が人と違う」ことを好意的に受け止めるが、アルミンは異端者と呼ばれいじめられていた少年時代を思い出して顔を曇らせる。

エレンの夢 その1

伏線

エレンのセリフ「巨人を駆逐してこの狭い壁内の世界を出たら…外の世界を探検するんだ」

1巻3話「解散式の夜」

回収

と言いつつ、割とすぐに忘れている。エレンとアルミンのすれ違いを示唆

貧しい母と赤子

伏線

トロスト区でリヴァイが見たやせ細った母と赤子

13巻53話「狼煙(信じるバカ ※連載時)」

回収

ウォール・マリア奪還作戦出発時、元気になった2人をリヴァイが見つける。クーデターに一定の成果があったことを示している。

全話 伏線一覧へ↩

小ネタ・擬音

ドルジ

擬音

ドルジ → モンゴル、チベットなどの男性名。朝青龍の本名の一部

内容

エレンとジャンの喧嘩の音。この喧嘩はセリフもちょっとおかしい。殴られているエレンが「セイッ」だったり「ワッサッ」が謎。

ジャンボォオオ

小ネタ

エレンがジャンを殴る時に言う「ジャンボォオオ」

内容

ジャンの母はジャンのことをジャン坊と呼ぶ。単行本13巻付属のOVA「突然の来訪者―苛まれる青春の呪い―」からの逆輸入的な演出だと思われる。

ドシコナデン

擬音

ドシコナデン → ?

内容

エレンとジャンの喧嘩の音

ドットコオム

擬音

ドットコオム → ドットコム。.com トップレベルドメインの中で商業用を意味する。転じてインターネットに関連するビジネスを行う企業

内容

エレンとジャンの喧嘩の音

ドンコ

擬音

ドンコ → 冬菇(どんこ)。しいたけの品種。傘が開ききらないうちに収穫した肉厚で丸みを帯びたもの。傘の色が薄くて亀裂が入ったものは高級品とされる。

内容

エレンとジャンの喧嘩の音。アルミンがミカサに「止めなくていいの?」と聞くコマ。

単行本、別冊マガジン掲載時の情報

タイトル

第72話「奪還作戦の夜」

Night of the Battle to Retake the Wall
公開
別冊少年マガジン:2015年9月号
発売日:2015年8月8日()
コミックス
発売日:2015年12月9日()

サブタイトル「奪還作戦の夜」の意味

奪還作戦の夜に起きた出来事

メニュー
📑目次
📑目次