第58話「銃声」

概要

ストヘス区。

エレンとヒストリアを乗せる霊柩馬車の動きを見張っていたリヴァイ班だったが、ケニー率いる兵士たちに奇襲を受け、ハンジ班からレンタルしてきたニファ、ケイジ、アーベルの3人が一瞬でやられてしまう。

リヴァイはたった1人で複数の兵士を相手に戦い、ケニーも退ける。

馬車の進路の先で待機していた104期たち。立体機動装置と銃を使って戦う中央憲兵に驚いていると間髪入れずにリヴァイも現れ、敵兵士を一刀両断。人間同士の殺し合う現場を目の当たりにして言葉が出ない。

行動が完全に読まれていることを察知したリヴァイは、エレンとヒストリアの奪還は一旦諦め、生き延びることを最優先することを決断。そして、敵を殺せるときは殺せと104期に命令する。

一方エレンとヒストリアはロッド・レイスの元に到着する。

この回で張られていた伏線

ケニーと中央第一憲兵

リヴァイのセリフから察するに、ケニーが中央第一憲兵に所属しているのはおかしい。なぜそんなことになっているのか?

回収17巻69話「友人」

全話 伏線一覧へ↩

この回で回収された伏線

死体がどうやってしゃべるの?

伏線

ミカサのセリフ「死体がどうやってしゃべるの?」

2巻5話「絶望の中で鈍く光る」

回収

ミカサと同じアッカーマン一族であるケニーのセリフ「死体がどうやって返事するってんだよ」と対になる。ジョークも道を通じて流れてくる?

全話 伏線一覧へ↩

過去回と重ねられている描写

アッカーマン・ジョーク

ケニーのセリフ「死人がどうやってしゃべるんだよ」

内容

アッカーマン・ジョーク。ミカサの「死体がどうやってしゃべるの?」と対。

2巻5話「絶望の中で鈍く光る」

単行本、別冊マガジン掲載時の情報

タイトル

第58話「銃声」

Gunshots
公開
別冊少年マガジン:2014年7月号
発売日:2014年6月9日()
コミックス
発売日:2014年8月8日()

サブタイトル「銃声」の意味

サシャが気づいたリヴァイと対人制圧部隊の戦闘を意味する銃声。ジャンが撃たれたか?と思わせる銃声。

メニュー
📑目次
📑目次