第29話「鉄槌」

概要

エレン巨人 VS 女型の巨人

巨大樹の森に入って以降の選択ミスを後悔しながら、怒り狂って戦うエレン。

戦いの最中、エレンは女型の巨人の「何か」に気づいて呆気に取られ、隙が生まれる。その瞬間、女型の攻撃で首から上を吹き飛ばされて万事休す。

女型の巨人はエレンをうなじから取り出して捕食し、逃走を始める。駆けつけたミカサが女型を追走。

この回で張られていた伏線

エレンの驚き

エレンは女型と戦闘中、何かに気づいたかのように目を見開いて驚いている。

全話 伏線一覧へ↩

この回で回収された伏線

巨人の体は軽い その1

伏線

ハンジのセリフ「軽かったんだ異常に 巨人の体が」

5巻20話「特別作戦班」

回収

エレン巨人に殴られた女型の巨人があり得ない高さまで吹っ飛んでいる。

全話 伏線一覧へ↩

ミカサの頭痛

エレンが女型の巨人に食われるところを目撃して頭痛発症。セリフ「待って エレン… 行かないで」

考察

エレンの食われ方はカルラのときと酷似、ミカサのセリフはカルラのものを思い起こさせる。頭痛発症のときに左右の目がバラバラに描かれているのは人格が2つあることを表現している?

ミカサの頭痛一覧

単行本、別冊マガジン掲載時の情報

タイトル

第29話「鉄槌」

Crushing Blow
公開
別冊少年マガジン:2012年2月号
発売日:2012年1月7日()
コミックス
発売日:2012年4月9日()

サブタイトル「鉄槌」の意味

厳しい処罰・制裁。エレンから女型の巨人への鉄槌。

メニュー
📑目次
📑目次