第27話「エルヴィン・スミス」

概要

エルヴィンの作戦がハマり「特定目標拘束兵器」によって「女型の巨人」の捕獲に成功。

「中身」を取り出すために兵士たちはあの手この手を試す。

巨大樹の森の入口でアルミンとジャンが、森の中ではリヴァイ班の先輩とエレンがエルヴィンの凄さについて語り始める。

身動きが取れず完全に追い込まれた女型の巨人は突如雄叫びをあげ、周囲にいた巨人を呼び寄せて自分を食わせ、情報を抹消してしまう。

アルミンの名言「何も捨てることができない人には何も変えることはできないだろう」が登場する回。

作者のエルヴィンの描き方が秀逸。前半は兵士たちの語りによってガンガン持ち上げ、中盤は本人のモノローグを中心に冷静で思慮深い様子が描かれる。しかし後半は女型に出し抜かれることでガツンと下げてくる。

この回で張られていた伏線

焦るライナー&ベルトルト

巨大樹の森の中が何が起きているか気になっているライナーとベルトルト

回収10巻42話「戦士」

敵の狙い②

敵の狙いはエレンだと推測できた。ではなぜ?どこから来た?何のために?

回収21巻86話「あの日」

女型の巨人の叫び

女型の巨人は近くにいる無垢の巨人を呼び寄せることが出来る

回収24巻96話「希望の扉」

全話 伏線一覧へ↩

この回で回収された伏線

敵の狙い①

伏線

超大型巨人が外門を破壊。しかし内門を破壊しなかったのはなぜ?

4巻14話「原初的欲求」

回収

敵の本当の狙いは壁の破壊や人類虐殺ではなさそう。エレン巨人化したことで、狙いがエレンの正体を突き止めて誘拐することに変わった。

ミケの鼻

伏線

匂いを嗅ぐ癖?

5巻19話「まだ目を見れない」

回収

巨人の匂いも嗅ぎつけるので襲来にいち早く気づくことが出来る。

壁外調査に新兵が参加するのは異例

伏線

リヴァイ班の先輩達の見解では、壁外調査に入団して間もない新兵が参加するのは異例。エルヴィン団長の狙いとは?

5巻20話「特別作戦班」

回収

エルヴィンが新兵(104期)の中にスパイ(超大型や鎧、他)がいると見ている。

君には何が見える?

伏線

君には何が見える?敵は何だと思う?

5巻20話「特別作戦班」

回収

エルヴィンが104期の中にスパイ(超大型 or 鎧)がいると見ている。エルヴィンは壁外調査の真の目的を伝えるかどうか、この質問でふるいにかけていた。

エルヴィンの調査兵団勧誘

伏線

エレン宅の地下室に重要な秘密があることを公表。何の意図が?ライナーが反応している。

5巻21話「開門」

回収

エルヴィンが敵を釣るために仕掛けたエサ。同時に恐怖を植え付けるような発言もし、敢えて志願者を絞り込む。壁内にいる知性巨人の情報が欲しくてたまらないライナーは見事に食いついた。

壁外調査の本当の目的

伏線

一部の人にしか本当の目的が知らされていなかった。

6巻24話「巨大樹の森」

回収

エルヴィンは近5年に入団した者の中にスパイがいると考えていたことを示唆している。アルミンとジャンのセリフでほぼ確定

全話 伏線一覧へ↩

単行本、別冊マガジン掲載時の情報

タイトル

第27話「エルヴィン・スミス」

Erwin Smith
公開
別冊少年マガジン:2011年12月号
発売日:2011年11月9日()
コミックス
発売日:2012年4月9日()

サブタイトル「エルヴィン・スミス」の意味

エルヴィン団長の人物紹介の回

メニュー
📑目次
📑目次