第11話「応える」

概要

ハンネスら駐屯兵団の部隊はトロスト区に侵入した巨人を駆除するために壁の上からひたすら砲弾で攻撃中。

巨人が侵入したエリアから避難することが出来た訓練兵たちは安堵しつつも巨人の恐怖を身を持って体感したことで完全に怖気づいてしまう者も出だした。

未だ混乱冷めやらぬ状況の中、上官に問い詰められているエレンたち。

エレンの咄嗟の判断で巨人の力を使い砲弾を防ぐことに成功したが、疑いは晴れないまま緊張状態が続く。

巨人の姿を見せてしまった以上、エレンは兵団とまともに会話することが出来ないため別な対処法を考える。

1つは、1人で自宅の地下室へ向かうこと。巨人化する際に思い出したのは父親から聞かされていた地下室のこと。そこへ行けば巨人の正体や人類を救う方法がわかるかもしれない。

そしてもう1つはアルミンに兵団を説得してもらうこと。エレンは巨人の力は兵団の元で使うのが有効と考えているが自分自身で説得することは難しい状況。そのためアルミンの頭脳に託そうと考えた。

アルミンはエレンが味方であることやその力の有効性を主張し必死に説得を試みるも、上官はあくまでも規則に従う姿勢を崩さず再度砲弾を発射しようとする。

そこへピクシス司令が現れ、上官の手を止めた。

この回で張られていた伏線

蒸気に反応してしまうライナー

砲弾を防いだエレンの巨人の蒸気に反応し、いの一番に様子を見に行ってしまうライナー。アニも続いて行く。

回収10巻42話「戦士」

人は最後まで話を聞かない

エレンの話を最後まで聞かず騒ぎ出すミカサ

回収13巻54話「反撃の場所」

なぜグリシャは情報を隠したのか?

鍵がきっかけで地下室のことを思い出すエレン。しかし同時にグリシャへの疑念が生まれる。なぜグリシャは壁内人類にとって有益な情報を隠していたのか?

回収30巻121話「未来の記憶」

全話 伏線一覧へ↩

この回で回収された伏線

なぜハンネスは助けにきた?

伏線

ハンネスさんが助けに現れるタイミングがちょうど良すぎでは?

1巻2話「その日」

回収

アルミンが呼びに行った。

エレンとミカサを救ったアルミン

伏線

ミカサが「私もエレンも以前はその力に命を救われた」とアルミンに言う

2巻9話「心臓の鼓動が聞こえる」

回収

シガンシナ区陥落時、アルミンがハンネスを呼びに行ったおかげでエレンとミカサは助かった。

全話 伏線一覧へ↩

単行本、別冊マガジン掲載時の情報

タイトル

第11話「応える」

Rsponse
公開
別冊少年マガジン:2010年8月号
発売日:2010年7月9日()
コミックス
発売日:2010年12月9日()

サブタイトル「応える」の意味

エレンとミカサの想いに応えるアルミン

メニュー
📑目次
📑目次